身体障害者障害程度等級表、呼吸器機能障害

      2016/09/26

呼吸器機能障害の身体障害者障害程度等級表

呼吸器機能障害の身体障害者手帳の等級表です。

級別

障害の程度

1級

呼吸器の機能の障害により自己の身辺の日常生活活動が極度に制限されるもの

2級

該当なし

3級

呼吸器の機能の障害により家庭内での日常生活活動が著しく制限されるもの

4級

呼吸器の機能の障害により社会での日常生活活動が著しく制限されるもの

5級

該当なし

6級

該当なし

呼吸器機能障害は、1級、3級、4級の等級があります。
呼吸器機能障害は、内部障害になります。

呼吸器の障害リンク

身体障害者手帳の制度 身体障害者手帳のメリット 身体障害者手帳と障害年金 身体障害者手帳と手当、補助金

解説:呼吸器機能障害

呼吸器の機能障害の程度についての判定は、予測肺活量1秒率(以下「指数」という。)、動脈血ガス及び医師の臨床所見によるものとします。指数とは1秒量(最大吸気位から最大努力下呼出の最初の1秒間の呼気量)の予測肺活量(性別、年齢、身長の組合せで正常ならば当然あると予測される肺活量の値)に対する百分率です。

1級、身体障害者手帳等級表

(1)等級表1級に該当する障害は、呼吸困難が強いため歩行がほとんどできないもの、呼吸障害のため指数の測定ができないもの、指数が20以下のもの又は動脈血O2分圧が50Torr以下のものをいいます。

3級、身体障害者手帳等級表

(2)等級表3級に該当する障害は、指数が20を超え30以下のもの若しくは動血O2分圧が50Torrを超え60Torr以下のもの又はこれに準ずるものをいいます。

4級、身体障害者手帳等級表

(3)等級表4級に該当する障害は、指数が30を超え40以下のもの若しくは動脈血O2分圧が60Torrを超え70Torr以下のもの又はこれに準ずるものをいいます。

呼吸器の障害リンク

身体障害者手帳の制度

メニュー / 身体障害者手帳

身体障害者手帳の制度 身体障害者手帳のメリット 身体障害者手帳と障害年金 身体障害者手帳と手当、補助金

 - 身体障害者手帳の制度