「 障害年金の等級・認定基準 」 一覧




障害年金の等級・認定基準

障害年金の等級

障害年金の等級は1級、2級、3級、それと障害手当金があります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

1級の目安

安静が必要で日常生活が不能な程度の障害。
家庭生活での活動範囲が、おおむね寝室に限られる障害。
入院生活での活動範囲が、おおむねベッド周辺に限られる障害。




2級の目安

安静が必要で日常生活が著しい制限を受ける障害。
家庭生活での活動範囲が、おおむね家屋内に限られる障害。
入院生活での活動範囲が、おおむね病棟内に限られる障害。

3級の目安

日常生活はできるが、労働に著しい制限を受ける障害。

障害手当金の目安

日常生活はできるが、労働に制限を受ける障害。

障害年金の等級の認定基準

それぞれの障害の種類によって、障害認定に当たっての基準が決められています。障害の種類についての詳しい障害等級認定基準は、下のリンクを参照してください。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。
肢体の障害による障害の程度は、「上肢の障害」、「下肢の障害」、「体幹・脊柱の機能の障害」及び「肢体の機能の障害」に区分します。
その他の疾患による障害とは、主に、腹部臓器・骨盤臓器の術後後遺症、人工肛門・新膀胱、遷延性植物状態、いわゆる難病及び臓器移植のことです。




それぞれの障害の認定基準、障害年金の等級

108-001

眼の障害、障害年金の等級

眼の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

109-001

聴覚の障害、障害年金の等級

聴覚の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

150-001

鼻腔機能の障害、障害年金の等級

鼻腔機能の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

111-001

平衡機能の障害、障害年金の等級

平衡機能の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

113-001

そしゃく・嚥下機能の障害、障害年金の等級

そしゃく・嚥下機能の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

114-001

音声又は言語機能の障害、障害年金の等級

音声又は言語機能の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

116-001

上肢の障害、障害年金の等級

上肢の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

117-001

下肢の障害、障害年金の等級

下肢の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

119-001

体幹・脊柱の機能の障害、障害年金の等級

体幹・脊柱の機能の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

115-001

肢体の機能の障害、障害年金の等級

肢体の機能の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

151-001

精神の障害、障害年金の等級

精神の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

152-001

神経系統の障害、障害年金の等級

神経系統の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

124-001

呼吸器疾患の障害、障害年金の等級

呼吸器疾患の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

122-001

心疾患の障害、障害年金の等級

心疾患の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

123-001

腎疾患の障害、障害年金の等級

腎疾患の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

128-001

肝疾患の障害、障害年金の等級

肝疾患の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

153-001

血液・造血器疾患の障害、障害年金の等級

血液・造血器疾患の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

154-001

代謝疾患の障害、障害年金の等級

代謝疾患の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

155-001

悪性新生物の障害、障害年金の等級

悪性新生物とは、いわゆる癌(がん)のことです。悪性新生物の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

156-001

高血圧症の障害、障害年金の等級

高血圧症の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。

157-001

その他の疾患の障害、障害年金の等級

その他の疾患の障害でもらえる障害年金は、この障害等級認定基準によって決まります。障害年金の等級は、身体障害者手帳の等級とは異なります。