身体障害者手帳、JR新幹線の割引メリット

      2017/08/19

身体障害者手帳と新幹線

JR新幹線の割引サービス

新幹線が身体障害者手帳で、約3割引です。

身体障害者手帳で、JRの新幹線や特急が割引になるメリットがあります。JRのみどりの窓口で、身体障害者手帳を提示して、切符を購入しましょう。旅行の時には、忘れずに活用しましょう。

JRの切符の割引額の一覧表と、JRの身体障害者割引のルールを紹介します。

往復値段表、東海道新幹線・山陽新幹線・九州新幹線

まずは、東京〜新大阪〜九州の新幹線の一覧表です。

出発地

行先・往復

正規の値段
(往復)

割引後の値段
(往復)

東京

名古屋

22,180

15,920

東京

新大阪

28,900

20,140

東京

広島

35,820

26,500

東京

博多

43,120

32,080

名古屋

新大阪

13,120

9,760

名古屋

広島

28,460

20,040

名古屋

博多

34,840

25,960

新大阪

博多

28,680

21,000

博多

鹿児島

20,900

15,380


身体障害者手帳のメリット
身体障害者手帳のメリット

往復値段表、
東北新幹線・北海道新幹線・秋田新幹線・山形新幹線・北陸新幹線

東京〜東北、新潟、北陸の新幹線の一覧表です。

身体障害者手帳と新幹線

出発地

行先・往復

正規の値段
(往復)

割引後の値段
(往復)

東京

仙台

21,780

15,840

東京

盛岡

28,460

20,040

東京

新青森

31,640

23,520

東京

山形

22,680

16,740

東京

秋田

33,620

25,760

東京

長野

16,400

12,400

東京

新潟

21,140

15,520

JRの新幹線や特急の切符には、普通乗車券と特急券の2種類が必要です。そのうち、身体障害者手帳で半額になるのは普通乗車券です。特急を使わず100km以上乗れば、普通乗車券だけでいいので、ちょうど半額になります。

身体障害者手帳の制度 身体障害者手帳のメリット 身体障害者手帳と障害年金 身体障害者手帳と手当、補助金

身体障害者手帳で、JRの身体障害者割引を受けるには。

JRの身体障害者割引は、身体障害者手帳の旅客運賃減額の区分で、内容が変わります。

全国のJRの駅のみどりの窓口で、身体障害者手帳を提示すると、身体障害者割引が受けられます。このJRの身体障害者割引には、細かいルールが決められています。

身体障害者割引には、第1種と第2種の区別があります。

身体障害者手帳には、「旅客運賃減額」という欄があり、そこに、第1種か、第2種かの区分が記入されています。
まずは、自分の身体障害者手帳の「旅客運賃減額」の種別を確認しましょう。

万が一、旅客運賃減額の種別が書いていなかったら、それは記入漏れです。身体障害者手帳をもらった役所の窓口へ行って、第1種か第2種のどちらかを記入してもらいましょう。

手帳の等級は、1級から6級まであり、旅客運賃減額は、第1種と第2種があります。
なんだか、ややこしいですが、JRや交通機関の割引では、旅客運賃減額の区分で、割引内容が決まります。

第1種の方が、より重度の障害で、多くの割引が受けられます。

重度の障害だと、第1種に認定されます。それ以外だと、第2種になります。

「旅客運賃減額」が、第1種と認定されるのは、身体障害者手帳が次の等級の場合です。
  • 視覚障害の、1級から3級と、4級の1
  • 聴覚障害の、2級と3級
  • 上肢不自由の、1級と、2級の1、2級の2
  • 下肢不自由の、1級と2級と、3級の1
  • 体幹不自由の、1級から3級
  • 脳原性運動障害の上肢機能、1級と2級
  • 脳原性運動障害の移動機能、1級から3級
  • 心臓・腎臓・呼吸器・小腸、1級から4級
  • ぼうこう・直腸、1級と3級
  • HIV・肝臓、1級から4級

この等級に該当すれば、「旅客運賃減額」が第1種になります。

身体障害者手帳を持っていれば、どんな障害の種類であっても、少なくとも第2種には認定されます。

手帳があれば、第1種か第2種のどちらかに。

JRの身体障害者割引の前提条件

前提条件その1、割引率は5割

JRでは、身体障害者手帳で切符の値段が5割引で、半額になります。

実際の計算では、片道の運賃に0.5をかけて、10円未満の端数は切り捨てで計算します。

ただし、全ての切符が5割引になるのではありません。割引の対象となる切符には、利用する状況に応じて、いろんな条件があります。

前提条件その2、12歳未満の障害児は、子供用の切符の5割引

JRでは、12歳未満の子供の切符の値段は、大人の半額です。
子供の切符に、身体障害者割引が適用されると、大人の半額の半額で、大人の通常の値段の、4分の1の値段になります。

ちなみに、JRでは、12歳になっても、小学校6年生の3月31日までは、子供用の切符で乗車できます。

子供でも、障害者割引で半額になります。

前提条件その3、特急券は障害者割引の対象外

特急券は、身体障害者手帳で割引になりません。

JRの場合には、新幹線や特急列車に乗車する時には、乗車券の他に、特急券が必要です。この特急券という、特急に乗るための切符は、残念ですが、身体障害者割引の対象外です。

新幹線や特急列車では、乗車券と特急券という2種類の切符のうち、乗車券1枚だけが、障害者割引で半額になります。
乗車券は障害者割引で半額でも、特急券には割引がありません。

結果的に、新幹線や特急では、合計金額の3割引くらいになります。

前提条件その4、他の割引との併用はできない。

身体障害者割引は、他の割引との併用はできません。

例えば、600kmを超える区間を往復する場合には、行き帰りともに乗車券が1割引になる、往復割引が適用されます。
しかし、残念ですが、この往復割引と身体障害者割引は、同時には適用できません。

往復割引は、たった1割引。
身体障害者手帳を使った障害者割引が5割引と、往復割引より圧倒的に割引率が有利なので、結局は身体障害者割引を活用することになります。

前提条件その5、切符の購入は、障害者本人が、みどりの窓口で。

身体障害者割引での切符の購入は、JRの駅のみどりの窓口で、障害者本人が手帳を提示します。

身体障害者割引で、切符を購入する時には、身体障害者手帳の本人確認が必要です。そのため、切符の購入は、JRの駅のみどりの窓口で、障害者本人が手帳を提示します。また、介護者も同時に障害者割引を受ける場合は、介護者もみどりの窓口で、同時に切符を購入しなければいけません。

ただ、新幹線の切符を事前に購入する場合などには、本人の外出が不自由などの理由で、代理人での切符の購入を、特別に認めてくれる場合があります。この場合でも、切符を購入する時に、駅員への身体障害者手帳の提示は必要です。

自動券売機では、障害者割引の切符は購入できません。
しかし、自動券売機で、子供用の切符を購入することで、障害者割引の切符として、取り扱ってくれる場合もあります。障害者割引では、切符が半額となるので、大人の障害者割引の値段が、子供用の切符と同じ値段になるからです。
これは、JRの駅員から特別に認められた場合だけのルールで、障害者割引の原則は、みどりの窓口での購入です。

<ケース1>身体障害者本人が、単独で乗車する場合。

・普通乗車券
・片道100km超
これが、障害者が1人でJRを利用する割引条件です。
  • 単独利用の条件その1、普通乗車券が割引

障害者本人が1人単独でJRを利用する場合に、身体障害者割引の対象となる切符は、普通乗車券です。

普通乗車券には、
・片道乗車券
・往復乗車券
・連続乗車券
この3種類があります。

目的地まで片道だけの片道乗車券は、もちろん身体障害者割引の対象ですが、目的地まで行き帰り往復する往復乗車券でも、身体障害者割引が適用されます。
連続乗車券とは、経路の途中で折り返す場合など、一部区間が重なる場合の切符です。この連続乗車券も、普通乗車券の一種なので、身体障害者割引が適用になります。

特急券は、身体障害者割引の対象外です。また、11枚つづりの回数券や、遊園地の入場券とセットになった切符などは、身体障害者割引になりません。

  • 単独利用の条件その2、片道100km超の区間

単独利用の場合では、乗車券の片道の距離が、100kmを超える区間だけが、身体障害者割引の対象になります。
100km以下の、近距離の切符は、割引の対象外です。

また、連続乗車券の場合では、100kmを超える券片であれば、身体障害者割引の対象になります。

<ケース2>身体障害者と、その介護者が同時に乗車する場合。

・第1種の障害者と介護者
・距離の制限なし
・普通乗車券と回数券
この3つがケース2の条件です。

障害者本人と、その介護者1名が、同時にJRを利用する場合には、身体障害者割引を受ける条件が3つあります。

  • 条件その1、第1種の障害者本人と介護者1名が割引。

身体障害者手帳の旅客運賃減額の種別が、第1種の場合には、障害者本人と、同伴する介護者1名も障害者割引の対象となります。
もちろん障害者本人は5割引、同伴する介護者1名も、身体障害者割引が適用され5割引となります。

たとえ、同伴する介護者が複数名いても、割引が適用される介護者は1名だけです。

身体障害者手帳の旅客運賃減額が、第2種の場合には介護者が同伴しても、その介護者には、身体障害者割引は適用されません。第2種では、同伴者がいても、単独利用のケース1の条件だけが適用されます。

  • 条件その2、距離に制限はなく、近距離でも割引。

旅客運賃減額が第1種の身体障害者が、介護者と同時に乗車する場合には、距離に関係なく、身体障害者割引を受けることができます。

単独利用するケース1では、100kmを超える区間が条件でしたが、介護者同伴であれば、100km以下でも、身体障害者割引が適用され5割引です。

隣の駅までJRに乗る時にも、身体障害者割引で半額になります。
つまり、JRを利用する場合には、誰かと同時の方が、割引を受けやすいってことです。

第1種限定ですが、介護者に助けてもらえて、さらにお得になるって、嬉しいですよね。
  • 条件その3、普通乗車券と回数乗車券が割引。

介護者と同時に利用する場合に、身体障害者割引の対象となるのは、普通乗車券と回数乗車券です。

単独利用の場合には、普通乗車券だけでしたが、介護者同伴なら、11枚つづりの回数乗車券でも、身体障害者割引が受けられます。

特急列車や新幹線に乗るときに必要な特急券は、単独利用のケースと同様に、残念ですが割引にはなりません。

実は、急行列車に必要な普通急行券という切符も、このケースの割引対象ではあるのですが、現在では急行列車が運行されていないので、意味がありません。

<ケース3>定期券で、身体障害者と介護者が乗車する場合。

定期券でも、身体障害者割引が適用されるケースがあります。障害者本人の単独利用では、定期券は障害者割引になりません。
  • 条件その1、子供用の定期券は 、障害者割引の対象外

定期券の障害者割引が適用されるのは、大人用の定期乗車券だけです。
残念ですが、12歳未満の子供用の定期券には、障害者割引は適用されません。

  • 条件その2、 通勤・通学のどちらでも割引

JRの定期券には、通勤定期券と通学定期券の2種類あります。
このどちらの定期券でも、身体障害者割引が適用され5割引になります。

通学定期券とは、学校に通う目的で使用する定期券です。JRの駅で購入する時には、学校の在学証明が必要です。

通勤定期券は、誰でも、どんな目的でも使用できる定期券です。通勤じゃなくても、病院に通う通院でも、遊びに行く目的でも、使えます。

通学定期券メリットは、割引率が高く、お得なこと。学校に通う学生を優遇している分、在学証明のチェックがあるんです。それと、私鉄に比べて、JRの通学定期の割引がお得なのは有名な話です。

  • 条件その3、第1種なら障害者本人と介護者1名が割引。

旅客運賃減額が第1種なら、障害者本人の定期券と、同伴する介護者1名の定期券が、身体障害者割引で、5割引になります。

障害者の通院に、介護者が同伴する場合や、障害児の通学に、親が同伴して送り迎えする場合などに、活用できます。

ただし、子供用の定期券は、身体障害者割引の対象外です。小学生以下の障害児の場合には、障害児本人の定期券には身体障害者割引が適用されず、同伴する介護者だけに、身体障害者割引が適用されます。
障害児本人に、障害者割引がないのに、介護者だけが障害者割引になるのは、ちょっと変だと思いますが、JRでは、そういうルールになっています。

また、障害者の通学に、介護者が同伴する場合では、学校に通う障害者は通学定期券を使用できます。しかし、通学の同伴であっても、同伴する介護者は、学校に通うわけではないので、通学定期券は使用できず、通勤定期券を使用することになります。
なんだかややこしいですね。

  • 条件その4、第2種なら、12歳未満の障害児に介護者が同伴する場合に割引。

旅客運賃減額が第2種の場合でも、限定的ですが、定期券の障害者割引が適用されます。

それが、12歳未満の第2種の障害児に、介護者が同伴する場合です。
この場合は、同伴する大人の介護者だけに、障害者割引が適用されます。障害児本人は、子供のため、残念ですが、定期券の障害者割引が適用されません。

第2種の場合は、障害者が12歳以上になると、介護者が同伴しても、定期券の割引対象外となります。ただし、小学生なら12歳になっても子供扱いのままです。

このように、定期券が身体障害者割引になる条件は、ややこしいですが、毎日使うことなので、それだけ割引金額が大きくなります。

定期券の条件に当てはまれば、しっかり活用しましょう。

ルール・マナーを守って、しっかり活用

身体障害者割引で購入した切符を使って、JRを利用する場合は、必ず身体障害者手帳を携帯します。
駅員や車掌から、身体障害者手帳の確認をされたら、必ず提示しなければいけません。

また、障害者割引で購入した介護者の切符は、障害者と同時に乗車する時以外では使用できません。

JRの身体障害者割引は、障害者のための、ありがたい制度です。JRのみなさんへ感謝して、しっかり活用させてもらいましょう。

ルールやマナーを守って利用しよう。


身体障害者手帳のメリット
身体障害者手帳のメリット


身体障害者手帳と手当、補助金
身体障害者手帳と手当、補助金

メニュー / 身体障害者手帳

身体障害者手帳の制度 身体障害者手帳のメリット 身体障害者手帳と障害年金 身体障害者手帳と手当、補助金

身体障害者手帳の活用方法をチェックしよう!

 - 身体障害者手帳のメリット