身体障害者障害程度等級表、聴覚障害

      2017/09/04

聴覚障害の身体障害者手帳の等級表です。

聴覚障害の身体障害者障害程度等級表

級別

障害の程度

1級

該当なし

2級

両耳の聴力レベルがそれぞれ100デシベル以上のもの(両耳全ろう)

級別

障害の程度

3級

両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの(耳介に接しなければ大声語を理解し得ないもの)

4級

1 両耳の聴力レベルが80デシベル以上のもの(耳介に接しなければ話声語を理解し得ないもの)
2 両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が50%以下のもの

5級

該当なし

6級

1 両耳の聴力レベルが70デシベル以上のもの(40cm以上の距離で発声された会話語を理解し得ないもの)
2 一側耳の聴力レベルが90デシベル以上、他側耳の聴力レベルが50デシベル以上のもの

聴覚障害には2級、3級、4級、6級の等級があります。

聴覚・平衡機能障害リンク

身体障害者手帳の制度 身体障害者手帳のメリット 身体障害者手帳と障害年金 身体障害者手帳と手当、補助金

解説:聴覚障害の等級

(1)聴力測定には純音による方法と言語による方法とがあるが、聴力障害を表すにはオージオメータによる方法を主体とします。

(2)聴力測定は、補聴器を装着しない状態で行います。

(3)検査は防音室で行うことを原則とします。

(4)純音オージオメータ検査
ア 純音オージオメータはJIS規格を用います。

イ 聴力レベルは会話音域の平均聴力レベルとし、周波数500、1,000、2,000ヘルツの純音に対する聴力レベル(dB値)をそれぞれa、b、cとした場合、次の算式により算定した数値とします。
(a+2b+c)/4

周波数500、1,000、2,000ヘルツの純音のうち、いずれか1又は2において100dBの音が聴取できない場合は、当該部分のdBを105dBとし、上記算式を計上し、聴力レベルを算定します。
なお、前述の検査方法にて短期間中に数回聴力測定を行った場合は、最小の聴力レベル(dB値)をもって被検査者の聴力レベルとします。

(5)言語による検査
ア 語音明瞭度の検査語は、次に定める語集によります。検査に当たっては、通常の会話音の強さでマイク又は録音機により発声し、その音量を適度に調節し、被検査者に最も適した状態で行います。
検査語はその配列を適宜変更しながら2秒から3秒に1語の割合で発声し、それを被検査者に書きとらせ、その結果、正答した語数を検査語の総数で除して、求められた値を普通話声の最良の語音明瞭度とします。

イ 聴取距離測定の検査語は良聴単語を用います。大声又は話声にて発声し、遠方より次第に接近し、正しく聴こえた距離をその被検査者の聴取距離とします。

ウ 両検査とも詐病には十分注意すべきです。

語音明瞭度検査語集

イシタオノマナカトテ
ニクコワデガスキサウ
ラモルアツリダヨチハ
ミレエソヤネドケセロ
バジメヒフムゴホユズ

聴覚・平衡機能障害リンク

メニュー / 身体障害者手帳

身体障害者手帳の制度 身体障害者手帳のメリット 身体障害者手帳と障害年金 身体障害者手帳と手当、補助金

身体障害者手帳の活用方法をチェックしよう!

 - 身体障害者手帳の制度