身体障害者手帳の制度

身体障害者障害程度等級表、平衡機能障害

平衡機能障害の身体障害者手帳の等級表です。

平衡機能障害の身体障害者障害程度等級表

級別 障害の程度
1級 該当なし
2級 該当なし
3級 平衡機能の極めて著しい障害
4級 該当なし
5級 平衡機能の著しい障害
6級 該当なし

平衡機能障害には3級、5級の等級があります。

聴覚・平衡機能障害リンク

身体障害者手帳の制度 身体障害者手帳のメリット 身体障害者手帳と障害年金 身体障害者手帳と手当、補助金

等級表の解説、平衡機能障害の等級

平衡機能障害の等級の、判定方法です。

3級、身体障害者手帳等級表

「平衡機能の極めて著しい障害」とは、四肢体幹に器質的異常がなく、他覚的に平衡機能障害を認め、閉眼にて起立不能、又は開眼で直線を歩行中10m以内に転倒若しくは著しくよろめいて歩行を中断せざるを得ないものをいう。

「平衡機能の著しい障害」とは、閉眼で直線を歩行中10m以内に転倒又は著しくよろめいて歩行を中断せざるを得ないものをいう。

 具体的な例は次のとおりです。
 a 末梢迷路性平衡失調
 b 後迷路性及び小脳性平衡失調
 c 外傷又は薬物による平衡失調
 d 中枢性平衡失調

聴覚・平衡機能障害リンク

メニュー / 身体障害者手帳

身体障害者手帳の制度 身体障害者手帳のメリット m0.003身体障害者手帳と障害年金 身体障害者手帳と手当、補助金

身体障害者手帳の活用方法をチェックしよう!

-身体障害者手帳の制度

関連記事

身体障害者障害程度等級表、じん臓機能障害

じん臓機能障害の身体障害者手帳の等級表です。

身体障害者障害程度等級表、聴覚障害

聴覚障害の身体障害者手帳の等級表です。

身体障害者手帳のデメリットは?

デメリットは、恥ずかしさだけ。自分自身が障害者だと法的に証明される、このことを恥ずかしいって思えば、それがデメリットになると思います。

身体障害者障害程度等級表、脳原性運動機能障害

乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害の身体障害者手帳の等級表です。

身体障害者障害程度等級表、上肢不自由障害

上肢不自由障害の身体障害者手帳の等級表です。