身体障害者手帳、NHK受信料割引のメリット

      2017/07/10

NHK受信料割引のメリット

住民税が非課税の世帯では身体障害者手帳を持つ家族がいると、NHKの受信料が全額割引になるメリットがあります。このようにNHK受信料の全額免除には、住民税非課税世帯という所得制限があります。全額免除だと、毎月1,310円のメリットです。

身体障害者手帳の障害等級が重度(1級または2級)の障害者が世帯主でNHK受信契約者の場合は、半額割引のメリットがあります。この場合、障害者本人が世帯主じゃないと割引メリットはありません。

視覚障害、聴覚障害の場合は。

身体障害者手帳を持っている視覚障害者が世帯主でNHK受信契約者の場合は、半額割引のメリットがあります。
また、身体障害者手帳を持っている聴覚障害者が世帯主でNHK受信契約者の場合でも、半額割引のメリットです。
この視覚障害者と聴覚障害者の場合は、所得制限はありません。これは、目や耳に障害があると、テレビを見るのに不自由があるので納得できます。

NHK受信料、もうちょっと、どうにかならないか?

でも、障害者本人が世帯主でNHK受信契約者じゃないと割引になりません。家族に視覚障害や聴覚障害があってもダメなんです。例えば「4人家族で世帯主以外の家族3人が視覚障害」の場合と、「家族4人障害なし」の場合、どちらもNHK受信料は割引なしってことになります。
NHKを見ない家庭でも、NHK受信料を払わないといけません。
もうちょっとNHKさんには、視覚障害者・聴覚障害者がいる家庭に、ご配慮いただいてもいいんじゃないかなぁって思います。

メニュー / 身体障害者手帳

身体障害者手帳の制度 身体障害者手帳のメリット 身体障害者手帳と障害年金 身体障害者手帳と手当、補助金

身体障害者手帳の活用方法をチェックしよう!

 - 身体障害者手帳のメリット