マル優制度と身体障害者手帳

      2016/09/25

マル優制度

身体障害者手帳を持っていると、マル優制度が利用できます。障害者等のマル優(非課税貯蓄)といいます。
マル優制度っていうのは、元本350万円までの預貯金の利子が非課税になります。どれくらいお得かというと、350万円で年率0.1%の利子の場合、約3,500円の利子に20%700円の税金がかかります。この700円分が非課税になるメリットがあります。今は低金利なので、あんまりメリットはありません。今後金利が上がるとメリットが大きくなります。

さらにマル特、特別マル優制度

マル優とは別枠で、障害者等の特別マル優制度も利用できます。マル特って呼ばれています。
このマル特制度、マル優に加えてさらに元本350万円までの国債の利子が非課税になります。マル優の国債限定制度ってことですね。国債も今は低金利なので、利子はちょっとですが、350万円で年率0.3%の利子の場合、約10,500円の利子で2,100円の利子が非課税になるメリットあり。

マル優とマル特、700万円まで非課税

マル優とマル特をあわせると、身体障害者手帳のメリットで、700万円までの預貯金・国債の利子が非課税になります。低金利の時代でも年間3,000円くらいの税金が非課税になります。今後金利が上がるとメリットが大きくなります。
このマル優制度、どこの銀行でも簡単に申し込めます。もちろん、ゆうちょ銀行でも大丈夫。普段使っている銀行に身体障害者手帳を持って行って手続きしましょう。

対象者(マル優制度)

身体障害者手帳を持つ全員です。1級から6級までの全ての等級が対象です。

手続方法(マル優制度)

郵便局や銀行など、普段利用している金融機関で申請の手続きをしてください。

身体障害者手帳と手当・補助金

メニュー / 身体障害者手帳

身体障害者手帳の制度 身体障害者手帳のメリット 身体障害者手帳と障害年金 身体障害者手帳と手当、補助金

 - 身体障害者手帳と手当・補助金