身体障害者手帳もらえる?NHK朝ドラ「半分、青い」ヒロイン鈴愛、片耳聞こえない永野芽郁演じるすずめ

   

朝ドラのヒロイン鈴愛は、身体障害者手帳がもらえるのでしょうか?

半分、青い。

「半分、青い。」片耳失聴のヒロイン鈴愛、NHK連続テレビ小説

ヒロインの楡野鈴愛(にれのすずめ)を演じるのは、永野芽郁(めい)さんです。

2018年4月から、NHKが放送する朝の連続テレビ小説、「半分、青い。」
放送を楽しみにしている方も多いですよね。

ちょっとおっちょこちょいだけど、失敗を恐れない勇気を持つヒロインの楡野鈴愛。
この主人公の鈴愛は、小学生の時に、病気で左耳が聞こえなくなります。

しかし、片耳失聴でも、鈴愛は気にせず、「傘を差しても、左だけ雨が降ってないみたい」と面白がるような、前向きな女の子です。

片耳聞こえない、身体障害者手帳はもらえるのか?

ドラマの内容はさておき、片耳だけ聴こえなくなった場合は、聴覚障害者として、身体障害者手帳はもらえるのでしょうか?

身体障害者手帳とは、身体障害者・身体障害児として、援助や保護を受けるための手帳です。
障害の程度を審査し、都道府県知事が発行し、手帳があると給付金やサービスなどのメリットがあります。

結論としては、片耳が聞こえないだけでは、身体障害者手帳はもらえません。

片方が聞こえず、さらにもう片方の耳にも、聴覚障害があれば、ようやく身体障害者手帳の6級に認定されます。

手帳がもらえるのは、日常生活での会話が、普通には聞こえないレベルの場合です。

身体障害者手帳をもらえる条件って、結構厳しいんです。

片耳難聴と、身体障害者手帳の認定基準。

片耳難聴で、身体障害者手帳がもらえる基準です。

片耳難聴の場合は、身体障害者手帳で最も軽い障害の程度、6級に認定される場合があります。

これが、身体障害者手帳の6級の、片耳難聴の具体的な基準です。

  • 「一側耳の聴力レベルが90デシベル以上、他側耳の聴力レベルが50デシベル以上のもの」

デシベル(dB)とは、音圧レベルの単位で、音の大きさを表します。

90デシベルと、50デシベルとは、どれくらいの目安かというと、

  • 90デシベル(dB)とは、近くでの怒鳴り声でやっと聞こえるレベル。「耳介に接しなければ大声語を理解し得ないもの」
  • 50デシベル(dB)とは、近くでの普通の会話なら聞こえるレベル。小さい声は聞こえません。

ほとんど聞こえない耳の他に、もう片方の耳にも、50dB程度の障害がないと、身体障害者手帳の6級はもらえません。

片耳が聴こえなくても、日常生活は可能

片耳難聴だけなら、ほぼ普通の生活が可能で、手帳はもらえない。

片耳難聴でも、もう片方の耳が正常なら、聴こえにくくても、本人の努力によって、ほとんど普通通りに日常生活を送ることができます。

朝ドラ「半分青い」のヒロイン鈴愛も、普通に生活しています。

しかし、生活の中で、片耳が聴こえないことで、当然困ったことも起こります。
また、その不便さによって、精神的なストレスも多くなります。

しかし、「半分、青い。」の鈴愛のように、くよくよせずに、明るく人生を送りたいですね。

身体障害者手帳の制度 身体障害者手帳のメリット 身体障害者手帳と障害年金 身体障害者手帳と手当、補助金

聴覚障害の身体障害者障害程度等級表

聴覚障害による、身体障害者手帳の等級の基準です。

級別

障害の程度

1級

該当なし

2級

両耳の聴力レベルがそれぞれ100デシベル以上のもの(両耳全ろう)

3級

両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの(耳介に接しなければ大声語を理解し得ないもの)

4級

1 両耳の聴力レベルが80デシベル以上のもの(耳介に接しなければ話声語を理解し得ないもの)
2 両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が50%以下のもの

5級

該当なし

6級

1 両耳の聴力レベルが70デシベル以上のもの(40cm以上の距離で発声された会話語を理解し得ないもの)
2 一側耳の聴力レベルが90デシベル以上、他側耳の聴力レベルが50デシベル以上のもの

聴覚障害には2級、3級、4級、6級の等級があります。


聴覚障害と身体障害者手帳
身体障害者障害程度等級表、聴覚障害

聴覚・平衡機能障害リンク

メニュー / 身体障害者手帳

身体障害者手帳の制度 身体障害者手帳のメリット 身体障害者手帳と障害年金 身体障害者手帳と手当、補助金

身体障害者手帳の活用方法をチェックしよう!

 - 身体障害者手帳の制度, 身体障害者手帳まとめ